若ハゲも脱毛症のひとつ!症状の違いは?

フサフサドリーム

新しい情報

発毛・育毛

人気記事

外部リンク先

規約

若ハゲも脱毛症のひとつ!症状の違いは?

「薄毛や抜け毛は年を取るほど増えていく」というのは常識で、薄毛や抜け毛が目立ち気にしだすのも年を取っていくにつれてというのが一般的でしょう。

それが近年、まだ若いうちに薄毛や抜け毛が増え始める「若ハゲ」に悩まされている若者が増えているのをご存知ですか?今までの「年を取るとハゲる」という常識が「若ハゲ」の増加によって覆されているのです。そこで最近よく話題になっている若ハゲについて紹介します

一般的なハゲはまとめて脱毛症と呼ばれますが、その中でも若ハゲを若年性脱毛症と呼び、それ以外を壮年性脱毛症と、今では若年か壮年かで脱毛症が分けて呼ばれています。

簡単に言うと若いか若くないかで分けられているのですが、脱毛症としての症状にはほとんど違いがありません。ただ、若ハゲの場合は特に生活習慣や男性ホルモンの影響が深くかかわっていて、時代や環境の変化により若ハゲが増えたということも考えられています。

もちろん脱毛症と同様の症状が多くみられるため、育毛剤や育毛シャンプーで若ハゲを改善することもできます。ただ、時代や環境の変化により生活習慣が乱れ、それによりホルモンバランスが崩れて若ハゲを招いているのだとしたら、そいった生活習慣など、根本的な原因を改善しなければ若ハゲは改善できないとも言えるでしょう。
copyright(C)フサフサドリーム