女性の「おりもの」とデリケートゾーンの関係

フサフサドリーム

新しい情報

発毛・育毛

人気記事

外部リンク先

規約

女性の「おりもの」とデリケートゾーンの関係

女性特有の「おりもの」は子宮からの分泌物や皮脂腺、膣壁などからの分泌液がまとまってできたもので、体調の変化によって質感やにおいが変わります。
膣の中をきれいに保ったり、受精しやすくするためには欠かせません。

「おりもの」の臭いが気になる方がいると思いますが、実はデリケートゾーンが関係しているのです。
嫌な臭いがする場合はデリケートゾーンの周りに雑菌が繁殖していると考えていいでしょう。

たとえば、化学繊維のショーツやぴっちりしたパンツを履いているとデリケートゾーンの通気性が悪くなり、雑菌が増えやすい環境になってしまいます。

ショーツは通気性の良いシルクやコットンを履き、その上にスカートやガウチョパンツなどを履けば換気できて蒸れを防ぐことが出来ます。

デリケートゾーンの洗いすぎも危険です。
清潔にしたいからといってごしごし洗うと摩擦で皮膚が傷つくだけでなく、皮膚に良い菌まで洗い流してしまいます。
デリケートゾーンには自浄作用を持つ菌がもともと存在しているので、洗う時は専用のソープで優しくパックしてあげる程度で十分です。

また、臭いがなくても量が多く、カッテージチーズのようにぼろぼろしたおりものの場合はカンジダ膣炎になっている恐れがあります。

おりものの変化は自分の体の変化を表しているので、デリケートゾーンのかゆみや、おりものに違和感を感じたらすぐにお医者さんに相談しましょう。
copyright(C)フサフサドリーム