質のいい育毛剤サイトの探し方

フサフサドリーム

新しい情報

発毛・育毛

人気記事

外部リンク先

規約

質のいい育毛剤サイトの探し方

育毛剤は数多くあるものの、本当に効果のあるものを見つけるのは至難の業。

もし、全ての育毛剤のことについて知っていたら本当に生える育毛剤を見つけることも簡単なのでしょう。

ですが、現実問題として育毛剤の全てを知ることは非常に難しいです。

たとえば成分。「こんな成分が凄い」「これとこれのブレンドで髪が復活できますよ」なんていって研究結果を提示。それを大々的にアピールして販売しているものが非常に多いです。
それが本当に正しいのかを証明するには「科学」や「論文を読み解く力」、そしてそれが真実なのか確かめる為「他の文献がないかの調査能力」の3つは最低でも必要でしょう。

もっとも、それを個人で出来る人は東大に出られる人くらい。普通の人では中々それができません。

どうすればいいのでしょうか?

そういうときこそインターネットの力を活用するのです。特に育毛剤は熱心に研究している人が多く、育毛剤の知識をふんだんに出している人が多い。

ここで注意点があるとすれば「その情報は本当に正しいのか?」という疑問。それを確かめる方法としては「その記事で証拠を示す引用がなされているか」が一つの線引きになるでしょう。

引用とは別のサイトから文章やデータ表をコピーし、どこからそれを持ってきたのかを表明する行為。これを行うことで、著作権を侵害せずにそのデータをサイトや本に掲載することが可能になります。

当然ですが、どこぞの馬の骨のサイトの文章をコピーしているものでは意味がない。一番確実なのは厚生労働省や内閣府、それに属する委員会や組織といった「国」が発表したデータが最も信用性が高い。次に県の発表、大学や研究所の研究結果と続きます。

企業のデータは一見正しいように見えますが、自社製品のデータの場合、「客観性の欠如」が起きているケースが非常に多いので注意が必要。

同様にネイバーのようなキュレーションサイトも要注意。あれは一般の方かせ何の知識もなくそれっぽいところから文章を切り貼りしているだけ。専門性のかけらもありませんので参考にすべきではないでしょう。

もう一つ大切なことと言えば、専門用語をどれだけわかりやすく説明しているか。

専門用語は一般の人には非常にわかりにくく、一般の人ではちんぷんかんぷん。そんな言葉を説明もなく使用しているということは、「その言葉が専門用語が日常的になってしまった専門家」か「ただわかったっぽく説明しているアフィカス」くらいなもの。

ですが本当に私たちの事を考えているサイトは、その専門用語をわかりやすく解説したり、ニュアンスが伝わる表現に言い換えを行ってくれています。


まとめますと、
?客観性・中立性・専門性・信頼性の高いところから内容や記事を引用している。
?わかりにくい専門用語を丁寧に解説している。

これがなされているサイトは信頼に値しますね。ぜひ育毛剤の情報を探す際の参考にしていただければと思います。
copyright(C)フサフサドリーム